三陽商会で早期退職者募集!退職金と特別退職金の金額は?

どうも、らじ太郎です。

アパレル大手の三陽商会が早期退職者を募集したことが話題になっています。

 三陽商会が9月21日の今日、約250人の希望退職者を募集することを発表した。募集期間は10月29日から11月26日までで、退職日は12月31日としている。

これまで同社は、収益確保のために新規事業および基幹事業の拡大に取り組んできたが、事業環境において急速な市場や消費動向などの変化、競争の激化といった厳しい状況が続いているという。環境変化に対応し利益体質を強化するため、更なる構造改革施策推進の一環として希望退職者の募集を決めた。

退職者には、所定の退職金に加え特別退職金を支給するほか、希望者に対しては再就職支援を提供する。希望退職者募集に伴い発生する特別退職金と再就職支援に係る費用は、2018年度12月期決算において特別損失として計上する予定。なお、特別損失の計上見込み額は現在精査中で、第3四半期決算発表時に発表される。

引用元:FASHIONSNAP.COM


三陽商会といえば2015年にバーバリーとのライセンス契約が終了したことが話題になりましたよね。

今度は早期退職者の募集です。

 

なんと早期退職者の募集は過去に2回していたようで、今回が三回目になるみたいです。

早期退職というと聞こえがいいですが、リストラという側面があるのは否定できないのではないでしょうか?

ただし再就職支援は会社負担でされるようですね。

 

それにしても早期退職者にはもちろん退職金が支払われるのですが、それに加えて特別退職金というものも支給されます。

これが早期退職のメリットですよね。

それっていくらぐらい貰えるのでしょうか?

気になりますよね。

 

ということで今回は「三陽商会で早期退職者募集!退職金と特別退職金の金額は?」と題して皆さんの疑問にこたえるべく、書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

三陽商会、早期退職者の退職金と特別退職金の金額は?

退職金の額についてネット上を調べてみました。

 

2017年6月に発表された経団連の企業会員など283社が回答した退職金についての調査結果によると、38年間勤務して60歳で退職する人に支払われる退職金の額は2400万円弱のようです。

 

この調査はどちらかといえば、大企業が中心なので、中小企業等を含めた一般的な水準よりも高めと思って良いでしょう。

三陽商会はアパレル大手で東証一部企業ですので、退職金の額も上述の調査の額と同程度だと思われます。

また三陽商会が過去2度の早期退職者募集時に特別退職金として支払った額は基本給の30ヶ月分だという噂がありました。

 

もしこれが真実だとすると、基本給が50万円だとすると通常の退職金に加えて1500万円が特別に支払われることになりますね。

 

これは人によってはかなり魅力的に感じるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ネットの反応

皆さん、それぞれ三陽商会に思い入れがあるようですね。

厳しい意見もありますが…。

最後に

バーバリーを販売しなくなったことによる影響はやはり大きいのでしょうか。

 

今回の早期退職募集は利益体質になるための判断だということですが、この判断が正しかったかどうかを判断するにはしばらく時間が必要なのかもしれません。

批判も多いですが、今回の判断は生き残りにかける熱意だともとれるわけです。

大手アパレル会社の復権を見てみたいですよね。がんばってほしいです。

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です