Licaxxxの彼氏は北村匠海!出会いといつから付き合ってるか調査!

どうも、らじ太郎です。

今注目の俳優の北村匠海さんを知ってますか?

大ヒット映画「君の膵臓をたべたい」で主演を務める等、ブレイク中の俳優さんですよね。

なんとその北村匠海さんについて週刊文春から年上のDJとの交際報道がでました

これはファンの方はビックリだったのではないでしょうか?

まだ20歳と若い人気若手俳優に早速の交際報道とは…。

さすが文春さんですね。仕事が早いです。

そんな北村の気になる相手は、きゃりーぱみゅぱみゅ(25)や中田ヤスタカ(38)ら原宿系ポップカルチャーを世に送り出している芸能事務所「アソビシステム」に所属する人気DJ「Licaxxx」(リカックス・26)。慶應大学卒の才媛で、DJやライターとして活動するマルチアーティスト。J-WAVEの番組「SONAR MUSIC」にもレギュラー出演している。

8月30日未明の3時半、都内のバーから出てきた北村とLicaxxx。2人は手を繋ぎながらタクシーに乗り込むと、Licaxxxの自宅へ。この日、昼12時頃にLicaxxxが先に家を出ると、夕方4時頃、北村も家を後にし、仕事へ向かった。

この日、仕事を終えた北村は深夜1時頃に合鍵を使い、Licaxxxの自宅へと入って行った。

9月7日、銀座で行われたトークイベントの後、買い物をしていた北村を週刊文春デジタル取材班が直撃すると、「(Licaxxx)は友達です」などと言葉少なに立ち去った。双方の所属事務所に事実確認を求めたところ、両事務所ともに「プライベートは本人に任せています」と回答した。

引用:文春オンライン

今の所、当人同士は認めてはいないようです。

ただ所属事務所が否定しないというのは…。

やっぱり交際していると考えてよさそうな気がします。

さて、お相手のDJさんのお名前はLicaxxx(リカックス)さんです。

なんだかポップでかわいいお名前ですね。

どんな人だか興味が湧いてきます。

そして一体二人はどこで知り合って、交際にまで発展したのか?

ということで今回は「Licaxxxの彼氏は北村匠海!出会いといつから付き合ってるか調査!」と題して皆さんの疑問にこたえるべく、書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

Licaxxxと北村匠海!出会いといつから付き合ってるか調査!

北村匠海さんは俳優でありながらもともと音楽ユニットのリーダーをされているんですね。

スターダストプロモーションの男性アーティスト集団EBiDANのメンバーであり、音楽ユニットDISH//のリーダーである。DISH//では2016年までTAKUMI名義での活動であった

引用:wikipedia

ということは音楽が好きで、音楽に造詣が深いのでしょうね。

クラブやイベントに出かけることも多いのかもしれません。

そう考えるとDJであるLicaxxxさんと音楽の現場で出会って惹かれ合ったという線が濃厚かもしれませんね。

二人とも年齢に似合わずなんだか落ち着いた雰囲気を醸し出していますよね。

そんなところも、自然と惹かれ合った要因かなと想像してしまいます。

また二人がいつから交際しているかも気になりますよね。

それについて1つ気になる点がありました。

北村匠海さんはカメラが趣味のようなんです。

趣味はカメラで、17歳のころに父親からプレゼントされたライカのコンパクトフィルムや、PENTAXのSPなどを愛用している

引用:wikipedia

しかもフィルムカメラを使っているようなんですね。

Licaxxxさんのインスタグラムをチェックしてみると、ときどきフィルムカメラでとったであろう写真が投稿されているんです。

 

View this post on Instagram

 

Thanks Nanking.

A post shared by Licaxxx (@licaxxx1) on

本当のフィルムのネガをスキャンなりして投稿しているのか、それ風の加工をしているのかはわかりませんが…。

でも北村匠海さんの影響がそこにあってそういう投稿をしはじめたと考えることもできますね。

ちなみにこのフィルム風写真の投稿がされ始めたのは結構最近です。

ここ2ヶ月ぐらいの話ですね。

ということで二人が交際しはじめてからまだそこまで歳月は経っていないという仮設が一応成り立ちます。

スポンサーリンク

みんなの反応

スポンサーリンク

驚きの悲しみの声が入り混じっていますね。

ファンとしては複雑なのではないでしょうか?

最後に

これから二人が交際を認めるときがくるのか、それとも認めないままなのかも気になりますね。

そして我々は若くてカッコいい二人の恋愛がどうなるか見守っていくしか方法はないでしょう。

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です