レクサスのデジタルアウターミラーのメリットと見えやすさは?見えにくい?

どうも、らじ太郎です。

レクサスの新型車に量産車として世界初のデジタルアウターミラーが採用されるニュースが話題になっています。

レクサスは日本向けの新型『ES』(Lexus ES)に、量産車として世界で初めてデジタルアウターミラーを採用することを発表した。

デジタルアウターミラーは、車両のドアミラー位置に取り付けられたデジタルカメラ内蔵の小型ユニットにて撮影した車両左右後方の映像を、フロントピラー部に設置された5インチのディスプレイに表示させるものだ。

通常のドアミラーと比べ、目線移動量が減少することで、ドライバーの負担を軽くしながら歪みのない視界をモニターに映し出す。またカメラ内蔵ユニットの小型化により、斜め前方の死角も減少させている。

さらに夜間などの暗い場所でも自動で明るさを調整し、周囲の明るさに応じた映像で視界を確保。雨天時も雨の影響を受けにくい形状と、カメラにヒーターを内蔵し霧などで水分が付着した際も除去する。また室内搭載ディスプレイにより、サイドウィンドウが濡れた状態でも視界を確保することができるほか、ドアミラーよりも小型なユニットであることから、風切り音の低減というメリットも有している。

モニターに映し出される左右後方視界は、ウインカー作動時や後退時には表示エリアが自動的に拡大し死角を減少させるほか、ドライバー操作で任意に表示エリアを広げることも可能だ。

このデジタルアウターミラーが装備されるESは、10月下旬の発売を予定している。

《レスポンス 内田俊一》

引用:Response


これはスゴイ技術ですね。

上の写真を見てもらうとわかるのですが、ドアミラーをなくしてカメラを設置し、室内の両サイドにモニターを配置することで後ろの視界を確認するということですね。

ただし個人的には気なる点もいくつかあります。

レイテンシ(映像がディスプレイに表示されるまでの一瞬の遅延)の有無についてやもう少しデザインをブラッシュアップできないか等ですね。

それにしてもワクワクする技術ですよね。

ということで今回は「レクサスのデジタルアウターミラーの見やすさは?見にくい?見やすい?」と題して皆さんの声を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

レクサスのデジタルアウターミラーの見やすさは?見にくい?見やすい?

まずはメリットをまとめてみました。

①通常のドアミラーと比べ、目線移動量が減少する

②カメラ内蔵ユニットの小型化により、斜め前方の死角も減少させている。

③夜間などの暗い場所でも自動で明るさを調整し、周囲の明るさに応じた映像で視界を確保

④雨天時も雨の影響を受けにくい形状

⑤室内搭載ディスプレイにより、サイドウィンドウが濡れた状態でも視界を確保することができる

⑥ドアミラーよりも小型なユニットであることから、風切り音の低減

こうやって見てみるといいことずくめですよね。

特に大雨の日はサイドミラーに雨粒がついて非常に見にくいですが、それが解消されるのは嬉しいですよね!

ツイッター上のポジティブな声

スポンサーリンク

ツイッター上のネガディブな声

スポンサーリンク

まとめ

みなさん賛否両論あるようですね。

ただネガティブな意見はデザイン面についての声が多かった気がします。

見えやすさについてはこの技術のメインテーマでもありますから、通所のドアミラーより向上することはほぼ間違いないのではないかと個人的には感じています。

確かにまだ出始めのテクノロジーですので、改善すべき点はあるのかもしれません。

でもどちらかといえばフォーマットが固まっていてなかなか大規模な技術革新が起きにくいクルマの世界ではなかなか大きなトピックなのではないでしょうか?

レクサスESが発売されて実際に街中で走るのを見てみたいですね。

そしてできるならば自分で運転してみたいものです笑

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です